日本における地震の研究

地震大国と呼ばれる日本

マグニチュード6以上の地震はほとんどが日本で起きているため、日本は地震大国と呼ばれています。地震の研究が進められている中で、建物などへの被害は減っているものの、未曽有の事態にいつ陥るかはわかりません。国民一人一人が、危険意識を持つことが大切でしょう。

地震被害への対策

地震警報

地震による被害

地震による被害には、揺れによる建物の倒壊や、津波の発生による地上への被害、さらに倒壊した建物からの火災などがあげられます。地震の大きな揺れにより、建物の倒壊や道路の崩壊で避難生活を余儀なくされたり、電気やガス、水道などのインフラが止まることで生活が困難になり、支援物資も届かない状態が続いたりと、二次災害が続きます。

過去の被害から学ぶ

日本では、現在の気象庁地震観測になる正式の地震の観測が1875年に始まりました。観測が始まって以来の、甚大な被害となった関東大震災をきっかけに、耐震計算の義務化や地震の研究所が創設されるなど、地震に対する知識と予防の意識が高まりました。

地震の研究を重ねる

1964年に起きた新潟地震では、船舶や道路にまで被害が及び、地盤の液状化や石油タンクに大規模な火災が起きるなど、日常生活を送るのが困難な状況になりました。しかし、建造物などの倒壊や火災が少なかったため、人への被害が少なく済んだとされています。この新潟地震の被害状況から、耐震工学研究の強化や国家事業として地震予知研究年次計画が発足されるなど、地震に対する危機意識がより高まりました。

耐震設計の強化

1968年に起きた十勝沖地震、1978年に起きた宮城県沖地震では、コンクリート造りの建物やブロック塀が倒壊し、その倒壊した家屋によって多くの死傷者が出ました。宮城県沖地震では振興開発地に被害が集中するなどしたため、新耐震設計が導入され、今現在もその新耐震設計が基準として建物が造られています。

未曽有の大災害に備えて

耐震技術や地震の研究が進んだ現代ですが、2011年3月11日に起きた東日本大震災では死者1万5883人、行方不明者2676人と大きな被害を被りました。日本の周辺にはわかっているだけでも約2000もの活動断層があります。さらに、マグニチュード6以上を観測した地震の約2割は日本近辺で起きているものです。さらに現代の地震予知の技術から、南海トラフを震源とする大きな地震が起こるであろうと予見されています。予測できないことだらけの地震は、起きてしまってからでは十分な対応ができません。地震の揺れに対する対策から、二次被害が起きないように常に地震に対する危機感を持っておきましょう。住んでいる場所の近くの避難所や高台の場所の確認、家族と万が一離れた場合の連絡を取る方法など、普段から家族とも話し合って、備えあれば患いなしで良い生活を送りましょう。

過去の地震から学ぶ

地震警報

これまでの地震の被害

日本では1875年から地震の観測が始められています。地震の被害状況などから、次の地震では被害が起きないように様々な観点から研究が進められているのです。そんな日本で起きた地震の歴史と対策について紹介しています。

READ MORE

なぜ地震が起こるのか

地震は、地球の地表にある何枚も重なったプレートと呼ばれる地盤が重なり合っており、そのプレートに歪みが起こることで地震が発生します。この地震が起こることで、多くの被害が起きてしまいます。そのため、地震のメカニズムから予知ができないかと研究が進んでいるのです。

広告募集中